優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

虫の闇
YouTubeの凄さを今更ながらに実感しています。特にお勧め動画の機能は素晴らしい。先日、「【田中希実】イタリアで優勝 [3000m]」という動画があがってきました。優勝という文字に興味が出て映像を見ました。

陸上競技で日本が世界トップレベルで戦えるのは、マラソンか一部陸上の短距離くらいだと思っていたので、この動画を見て驚きました。知っている人は知っている有名な選手なのでしょうが、今まで知りませんでした。

Wikipediaで略歴を見ると、兵庫県の人ではないですか。1999年9月4日、兵庫県小野市生まれです。YouTubeが興味の範囲を広げてくれます。
IMG_5514


秋曇り
『あおぞら』には『二重唱(デュエット)』のB面『月見草』と、『ロマンス』のB面『私たち』が入っています。『ロマンス』と『私たち』はどちらをA面にするか発売直前まで決まらず、最後は岩崎宏美も含めたスタッフ全員で多数決をして一票差で決まったといいます。

筒美京平は『私たち』を推したそうです。岩崎宏美は『私たち』のキーが『ロマンス』より高く、当時は朝の生番組で歌う機会が多かったことから、歌いやすさを優先して『ロマンス』に入れたとか。もし逆になっていたら、その後の運命が変わっていたかもしれません。

当時の朝の番組で彼女が歌っている様子が「岩崎宏美さんの再アップ動画 1976」で見られます。喋りにはまだ子どもの雰囲気が残っており、「あがっちゃって…」ととちるあたりが可愛らしいです。ただ、歌はさすがです。
DSCN5005



秋暑し
『あおぞら』は恋に恋するような年頃の少女の気持ちを描き、それが岩崎宏美の16歳の声で歌われ、見事な作品になっています。冒頭の『ロマンス』をアルバム全体のテーマとして、少女の一日を辿るように楽曲が展開していきます。

二曲目の『はだしの散歩』の時間帯は早朝。裸足で駆けていく少女の姿が描かれます。最後の曲は『この広い空の下』、夜です。「あなたお休み言ってください この私が言ったあとで〜」で終わります。ファゴットを思わせるエンディングの伴奏が美しいバラードです。

そして再び『はだしの散歩』の早朝へ。喜びと願いと恐れとときめき…、それらが相前後しエンドレスで続いていく世界が表現されています。『あおぞら』という楽曲はありませんが、この言葉が示す明るさ、抜けるような青さこそこのアルバムのコンセプトです。
IMG_5523


岩崎宏美が『二重唱(デュエット)』でデビューしたのは1975年4月25日、16歳5か月の時です。同年7月25日にリリースした『ロマンス』が大ヒット。『あおぞら』はその『ロマンス』を冒頭に採用して9月5日にリリースされたファーストアルバムです。

プロとして歌い始めた16歳の初々しいボーカルを聴けます。デビュー時のキャッチフレーズは「天まで響け!」。これほどわかりやすく本質をとらえたキャッチフレーズは他にないでしょう。

どこまでも軽やかに伸びていく透明感のある声が素晴らしい。まだ声に子どもの名残があり、技術うんぬんというよりも天性の才能を活かしひたむきに歌っています。この先何十年も歌っていくことになる少女の出発点として貴重なアルバムです。
IMG_4932



彼岸花
こうしたイベント時の食べ物というのは、今更ながらに糖質てんこもりだと感じます。人類が大幅に人口を増やせたのは、穀物栽培を始めて糖質によって簡単にエネルギーを摂取できるようになったのが大きかったと思います。

狩猟採集の時代には果実の甘美な味わいは大変な魅力だったでしょう。今でもごちそうには糖質が欠かせず、美味しいことを「甘い」と言い、魅力的なことも「甘い」と言います。それだけにその誘惑を断ち切るにはよく考えて食べるものを選ぶ必要があります。
DSCN4912



紅葉
姉が注文した「紫芋のモンブラン」には紅葉した楓があしらわれていました。どのケーキも量が大変多く通常のケーキの倍くらいあるね、と言いながら食べました。クリームはまろやか、スポンジはしっとりふわふわ、果物は甘く瑞々しく、申し分ない美味しさでした。糖質の話はここでは完全に棚上げにしておきます。
IMG_5532


ハロウィン
昼食の後、「Fromage」でケーキとコーヒーをいただきました。糖質制限的には完全にアウトです。しかし、こういう日は特別感を味わえばよいと割り切りました。間もなく10月なので、ケーキ店の飾りつけはハロウィンのかぼちゃ色です。ハロウィンが終われば即座にクリスマスに切り替わるのでしょう。
IMG_5525



秋彼岸
義兄のお墓は石塔を建てる形では作っておらず、菩提寺の納骨堂にお骨を納めています。納骨堂でも読経をしていただいた後、「川飛 四季のぬくみ こころ庵」でお昼にしました。前菜、お刺身、茶碗蒸し、海老掻き揚げが載ったお茶漬けが出て、美味しかったです。お茶漬けが糖質制限的には要注意ですが、こういう日は目をつぶります。
IMG_5516



秋彼岸
三連休の中日、姉一家が菩提寺で義兄の供養をしていただくというので一緒に参拝してきました。ここの若い住職のお経は素晴らしく、これまでこれほど見事なお経を聴いたことがありません。響き渡る黄金のテノール、卓越したボーカリストです。これを聴くためだけでもお参りする価値があると感じます。
IMG_5505



シャインマスカット
姉の家での夕食のあと、お供えのシャインマスカットをいただきました。一粒に糖質2.4gが含まれており、糖質制限には好ましくありません。しかし、こういうときは例外としています。5粒ほど食べ、すっきりした甘さを堪能しました。
IMG_5497



このページのトップヘ