優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

夏山
標高105mの登山口から標高205m地点までは階段になっています。その後は5分ほどで見晴らしのいい物見岩(256m)に着きます。ここは城跡の南端に位置する所で、この後は「順路」の標識にしたがって歩いて行きました。

城跡は国指定史跡になっており、「不用意に石を動かさないように」との表記がされています。袈蔑悄南北の橋蔑悗魴个童畫11時過ぎに標高301mの山頂である偽蔑悗謀着しました。よく晴れていて東南方向に播磨灘が見えました。

登ってくる途中で出会った男性から淡路島が見えるときいていました。確かに姫路の臨海工業地帯の水蒸気を吐く煙突の向こうに播磨灘に浮かぶ上島が見え、そのさらに先に淡路島の北西海岸が望めました。
IMG_7483


睡蓮
登山口へ向かう途中に睡蓮の咲く池があり、池の中では錦鯉が泳いでいました。『播磨鑑』によれば、建武3年(1336)建武の乱で楠木正成(南朝)との戦いに破れた足利尊氏(北朝)は九州に逃れます。

これを追う新田義貞(南朝)が播磨に侵攻。対する白旗城の赤松円心に呼応して、赤松則祐は感状山城に立てこもり50日余りに渡って新田義貞軍を足止めします。後にその功績により、足利尊氏より感状が与えられ、これが山の名前になりました。
IMG_7480

青葉若葉
日曜日に相生市の感状山(301m)に登ってきました。尾根上には播磨地方を代表する中世山城遺構のひとつ、感状山城跡があります。規模が雄大で眺望がよく、石垣や建物跡・礎石、井戸跡などの遺構が比較的よく残っています。

感状城駐車場は10台以上の車が駐車でき、トイレもあります。立派な石を組み合わせたアーチ状の彫刻の周囲を新緑が取り囲んでいました。この彫刻の下をくぐって駐車場から登山口へと向かいました。
IMG_7479


水茄子
スーパーのおつとめ品コーナーで水ナスが安くなっていたので買って帰りました。水ナスは大阪の泉州特産のナスで、漬物、サラダ、刺身にするのが美味しいという、ナスとは思えないようなナスです。

軽く塩をふって10分以上放置し、そこに鰹節と白だしをかけていただきました。瑞々しくてとても美味しかったです。刺身というのも美味しそうなので、まだ残っている分をそれで試してみます。
IMG_7478


仲夏
昨日は雨になるという天気予報でした。昼間は薄曇りで夕方に「え?雨が降ったの?」という程度の通り雨がありました。ベランダの手すりが濡れていたのでそれとわかった程の雨でした。

いいお天気が続いているので、日が長いのがいっそうよくわかります。午前4時ごろにはすでに明るくなり始め、午後7時すぎでも明るさが残っています。冬至のころに比べれば一日が5割増しになったような気分です。
IMG_7466

青鷺
アオサギは全長93cmの大きな鳥です。翼の上面が青みを帯びた灰色の羽毛で覆われています。英語では”gray heron”といい、日本は青を、英語は灰色を名づけの中心にしているのが面白いです。

飛ぶときは長い首をZ型に折り曲げ、足を後ろに伸ばし、ゆったりとはばたいていきます。遠くからでもアオサギだとよくわかります。

留鳥なので一年中身近で観察できますが、季語としては夏に入れられています。なぜそうなっているのかは水辺でよく見られること、歴史、文化的背景などがあるようです。
IMG_5400

蠅叩き
一昨日の昼、窓を開けていたら部屋に一匹の蠅が入り込んできました。そのうちまた出ていくだろうと思っていたら、昨日の朝になってもそばのテーブルの上に。

蠅のあのしつこさが嫌いです。荷物の緩衝材として入っていた再生紙があったのを思い出し、これを丸めてガムテープでとめ、張り扇のような形にして蠅叩きを作りました。不思議なことに、作ったら姿を消しています。察知したのでしょうか。
IMG_7454


花菖蒲
ご近所の畑の隅でハナショウブが咲いていました。根本を見ると水盤が置かれています。アヤメは土の上に咲きますが、ハナショウブは水が無ければ育ちません。こういう育て方があるのか、と感心しました。
IMG_7452

夏の夕
YouTubeで猫の動画が何百万回も再生されるというのは、誰も予測していなかった話だそうです。そんなに猫が好きだったのか、と。私も時々何となく見ることがあります。動画主の撮影と編集の技術がうまいのだと思います。

猫のあのしなやかな動き、肉球のついた丸い足先、特に猫が好きだというわけではないのですが、なんか、ぼーっと見られていいんですよね。
IMG_7472


夏つばめ
コシアカツバメの巣はほぼ完成したようです。巣の出入り口はこちらからは見えない方向を向いています。警戒しているんですね。人間のそばに巣を作りながら、人間を信用しないというのが不思議です。

コシアカツバメが飛翔しているところを後ろから見ると、腰の部分のレンガ色が見えます。空気をうまくとらえ翼をほとんど動かさず見事に滑空します。ベランダに私が出ていると警戒して巣に入ろうとせず手前でくるっと回ったりします。
IMG_7476




このページのトップヘ