□◆□…優嵐歳時記(1221)…□◆□

  秋の蝉思い出したるように鳴く  優嵐

台風崩れの温帯低気圧の影響でしょうか、先ほど雷雨が
ありました。昼間はまずまずのお天気で、時おり蝉の声
も聞こえました。そろそろ蝉のシーズンは終りです。
すでに一斉に鳴く雰囲気は消え、名残を惜しんでいる
ようです。

お天気が不安定な三連休でしたが、ふと見渡すといつの
間にかほとんどの早稲の稲刈りが終わっています。
すべて手作業だったころは、台風や秋の長雨の間を
縫って、大急ぎで稲刈りだったことでしょう。機械なら
あっという間に終わってしまいます。