□◆□…優嵐歳時記(1280)…□◆□

  静かなる山寺山茶花咲き初むる  優嵐

生垣の山茶花が咲き始めました。初冬、花が少なくなる
このころから花を咲かせる山茶花は人々の目を楽しませ、
俳諧にも多くとりあげられています。

もともとは白い花だったようですが、現在では園芸種と
して改良され、紅、絞り、八重咲きなどいろいろなもの
があります。

檀家のお寺には本堂の屋根を越えるほどの山茶花の大木が
あり、薄い桃色の花を咲かせます。今頃あの木もいっぱい
花をつけているころでしょう。

071115