□◆□…優嵐歳時記(1490)…□◆□

  夏蒲団ふしぎな夢を見て目覚む  優嵐

目が覚めてから考えてみると、夢の内容は辻褄のあわない
ことがほとんどです。ただ、夢を見ている間は突拍子も
ないことでも、おかしく思わず進んでいきます。

夢枕に立つなどという言葉があるように、夢はいろいろ
不思議な現象と関係しています。意識しているしていない
に関係なく、そのときの精神状態と夢にはつながりがある
ように思います。

似たような夢をある時期集中的に見たり、正夢や予知夢
と呼ばれる夢もあります。誰もが見るといわれる夢で
ありながら、他の人がどんな夢を見ているのかは再現
不可能なのがおもしろいところです。