□◆□…優嵐歳時記(1503)…□◆□

  五月空呼吸整え瞑想す  優嵐

五月空(さつきぞら)とは陰暦五月の空、梅雨空を意味
します。今日は今にも雨が落ちそうで落ちない梅雨どき
らしいお天気でした。いっそ雨が降り出してくれた方が
いいのに、と思ったりします。

最近再び瞑想を始めています。特別宗教的な意味合いが
あるわけではなく、精神のストレッチのようなものです。
半跏趺坐で座り、目を閉じてゆっくり呼吸を数えます。

雑念が湧いてきたらそれはそれとしてやり過ごし、また
呼吸に戻る、それを繰り返してしばらくすると呼吸の
リズムが非常にゆっくりしたものになってきます。

私たちはいまやもの凄い量の情報にさらされていて、
心がけていないとそれに流されてしまいます。静かに
落ち着いて自分の内面に向き合う時間は、運動や食事と
同様、心身のために大事な時間だと思います。