□◆□…優嵐歳時記(1580)…□◆□

  一夜の夢一生の夢木槿咲く  優嵐

木槿(むくげ)はアオイ科の落葉低木です。花の色は
淡紫、淡紅、白色などいろいろあり、白色で中心部が
紅色のものを底紅と呼びます。

樹高は3mあまり、人家の生垣、畑垣として植えられ、
花をつけるのは夏から秋にかけてです。たいてい一日
で萎んでしまいます。

「槿花一朝の夢」はムクゲの花に栄華のはかなさを
たとえたものです。唐の詩人白居易の詩には「槿花
一日の栄」とあります。

080912