□◆□…優嵐歳時記(1704)…□◆□

  うつむいて咲く水仙を揺らす風  優嵐

明日は大寒です。最も寒い時期とはいいながら、すでに
あらゆるものの上に春の気配を感じ取ることができます。
日没は随分遅くなりました。

お天気が回復し、増位山へ行ってきました。三角点からの
眺望は霞がかかってほとんどありませんでした。静かな
山道を、誰とも会わずにのんびり歩くのが好きです。
落葉樹も常緑樹もなんとなく、冬の眠りから目覚めようと
している気配がします。

梅林の梅は日に日に膨らんで、間もなく本格的な開花が
始まるでしょう。随願寺の境内で水仙が咲きだして
いました。うつむき加減の花びらを風が揺らしていきます。


090119