□◆□…優嵐歳時記(2584)…□◆□ 

  梅雨晴間万年筆を買いに出る   優嵐

ツイッターはこの震災で俄然注目を集めました。私自身も利用していますが、金曜日の朝、ツイッターのタイムラインから自分の返信もツイートも消えているという事態に遭遇しました。プロフィールには残っているので、確認できないことはありませんが、「何、これ?」と驚きました。ヘルプを見ると、それほど珍しくない問題のようでした。

こういうことに出会うと、ひとつ新しいサービスが生まれ、それが社会に定着すると、それに伴って新しい問題も発生するものだ、と感じました。震災でも、ケータイが使えなくなったことはライフラインの大問題になっていました。16年前の阪神淡路大震災当時では、まだそこまでケータイが生活必需品ではありませんでした。

ツイッターだけでなくmixiやfacebookといったサービス、さらにネットを便利に使うためのさまざまなガジェットが毎日のように生み出され使われています。あれとこれを同期させて、これをこうしたらもっと便利にという情報がネット上にも溢れています。ただ、便利になれば常にそれに伴うリスクはあるわけで、個人情報の漏洩というようなことだけでなく、それを使うために「自分の時間」を注ぎ込んでいることを忘れてはいけないな、と思います。

IMG_1097<道楽>
万年筆を買った
これで手元に七本

字を書くわけではない
絵を描くから
こんなにたくさん持つことになった

すべて違う種類の万年筆
線の太さが微妙に違う
黒のインクに加え
セピアのインクも使うようになって
その分もある
実はブルーのインクも試してみたい

思わぬ道楽なのだが
道楽って
「道」を「楽」しむと書くんだね