沢庵漬
雨はやんでいるもののまだ曇っています。天気予報では、今日も雨がちの天気のようです。兵庫県北部はこれから明日にかけて大荒れの天気との予報です。北部の山に登るのは、雪が解けた五月以降です。里では雪がなくなっていても、山ではかなり長く雪が残ります。

冬は南の瀬戸内の山に登ります。仲間と登ると、それぞれの人がいろいろなものを持ってきてくれるので、頂での食事が楽しいものになります。先日の有馬富士では、新漬の沢庵を持ってきてくれた人がいました。ラーメンなどもそうですが、里で食べたらなんということもないものが、山の上で食べるととても美味しかったりします。これも山登りの楽しみのひとつです。

沢庵漬は臨済宗の沢庵和尚の創案という説があります。それは俗説で「蓄え漬け」の転訛だという人もあります。生大根を材料にする新漬けと干大根を材料とする本漬けがあり、大根の種類や漬け込み方の違いで味や色に特色が出ます。

IMG_6673