初夏
日曜日に山を降りたあと、余部鉄橋の下から日本海を見ました。快晴でしたから海は青く、砕ける波は白く、気持ちのいい光景でした。寄せる波を見て、そのリズムを身体全体で感じていると、時間を忘れます。いつまでもその繰り返すリズムの中に身を置いていたいと感じます。あれは生物にとっての根源的なリズムなのかもしれない、と思います。身体の中にある海と呼応する、とでもいえばいいか…。

IMG_0520