オーデコロン
「香水」や「オーデコロン」は夏の季語です。季語の中には、なぜその季節の季語なのかよくわからなくなっているものもあります。たとえば、「髪洗う」というのは、夏の季語です。昔、女性が髷を結い、ドライヤーもなかった時代を思えば、寒い時期にはそう簡単に髪は洗えなかっただろう、と想像できます。

欧米の飛行場というと、香水の匂いがイメージに上がってきます。免税店周辺の香りです。香水ではないですが、土地独特の香りというのがあるようで、日本に来た外国人は日本独特の匂いを感じるそうです。それを「醤油の香り」だと思い込んでいる人がいるといいます。果たしてそれが実際には何の香りなのか。強い香りではないので、すぐに慣れて感じなくなるらしいです。

a1180_003579_m