夏の鶯
増位山の頂近くで、ウグイスの長い囀りを聞きました。ホーホケキョにとどまらず、語尾がケキョケキョケキョケキョ…、と伸びて、いったいいつまで続けるのかと思うほどでした。囀りは雄が雌に警戒を呼びかける意味もあるといいます。このところよく耳にするのはウグイスとホトトギスです。ホトトギスはウグイスに托卵します。

今日、播磨灘でタンカーの爆発炎上事故がありました。ニュースサイトに姫路沖と書いてあって驚きました。今日の播磨灘は霞んでいて、頂からはあまり見通しがききませんでした。直射日光の当たる頂には長くいられない暑さになっています。

新緑と鶯新緑と鶯 / scientre