秋うらら  
毎日自然歩道を散歩していると何人かの常連さんたちと顔見知りになります。お互い名前も知らないわけですが、「暑いですね」「だいぶ涼しくなりました」「今日は早いですね」などと声をかけあったりします。こういう非常に淡いつながりも人間生活にとっては大事なものと思います。

「うららか(麗か)」は春の季語です。「秋うらら」は、もう暑くはなく、ほどよい暖かさの中に春のようなうららかさを感じる、そういう意味です。水蒸気を多く含む春の大気とは違う、澄んだ秋のうららかさです。
IMG_0810