夜立 
夕方、急に曇ってきて激しく降る大粒の雨を夕立といいます。真夏の夕方に多く、発達した積乱雲によって引き起こされ、雷を伴います。日が暮れてから降りだす場合は夜立(よだち)といいます。局地的な降り方をするため、俗に「馬の背を分ける」と言われます。

先日、ナイターでテニスをしていたら、突然大粒の雨が降り出し、あわてて屋根の下に避難しました。昼間にも一度夕立があったため、もう降らないだろうと思っていたのですが、この日は違いました。コートにみるみる水が浮いてきたため、諦めて帰ることにしました。

車まで戻るといったんやみました。このままやむのかと思いながら車を走らせていると、途中からワイパーがほとんどきかないほどの土砂降りの雨になりました。部屋の窓を一部開けたままだったので、大丈夫だろうかと思いつつ走っていると、ある曲がり角をまがったとたんに雨はほとんどやみました。
IMG_2454