秋麗
大台ケ原を代表する光景のひとつが、正木嶺周辺のトウヒの立ち枯れ風景です。このあたりは半世紀ほど前はうっそうとした森林でした。1959年の伊勢湾台風やその後の鹿の食害などで木が枯れ、こういう状態になりました。今は森林の再生事業が行われています。

快晴だったので、枯れ木のむこうに熊野灘、伊勢湾が光って見えました。
IMG_3632

IMG_3638