松過
門松や注連縄をとってしばらくの間を松過(まつすぎ)といいます。関西では15日に外す習慣なので、15日過ぎということになります。

今日、随願寺の庫裏の前を通ったら、本堂前の松飾が置かれていました。本堂のまわりに軽トラックが停まっています。週末は寒波の影響を受けて松飾や注連縄を外すのが難しかったのではないかと思います。

明日は大寒です。増位山の頂へ行くと日差しが暖かく播磨灘は少し霞んで春の近さを感じました。
IMG_4150