六月
今日から六月です。昨日、鍼灸接骨院から帰ってきたあと、もう一度コーヒーをやめてみるか、と思いました。足の症状が出る原因として考えられるのは、整形外科的なことか内科的なことだろうと考えられます。

整形外科的なことというのが外反母趾などの足の変形で、内科的なことというのは、摂取している食物による反応ということです。私はコーヒーが好きで、この症状が出始める前は毎日4,5杯は飲んでいました。ブラックなのでカロリーを気にする必要がなかったのです。

症状が出始めたときにぴたっとコーヒーをやめたら、カフェインの離脱症状が出ました。足の症状も確かに軽快したのでした。その後、なんとなくまたコーヒーを飲み始めるようになり、午後の遅い時間になると睡眠に影響するので、その時間帯になるとデカフェにしています。

最近では普通のコーヒーが一日2,3杯、デカフェが1杯という状態になっていました。カフェインだけでなく、コーヒーそのものにも何らかの作用があると考えられますから、とりあえずコーヒーをしばらくやめてみて症状がどうなるか観察しようと思います。

症状が軽快するならばコーヒー摂取との間に何らかの関係があるということです。カフェインの摂取も控えようと思うので、チョコレート、緑茶、紅茶の類も避け、飲み物は白湯です。

鍼灸接骨院から出たばかりのときはこのことは脳裏にありませんでした。しかし、家に帰ってブログを書いているうちにこの考えが浮かんで来ました。自分にとってブログを書くことの最大の意義は、自分の考え、自分の内側にあるものを書き出すことによって客観視でき、そこからまた何らかの新しいアイデアを見つけ出すことができるということです。

書かなかったら、アイデアは意識の表面に上ってこず、ぐるぐると迷路の中を行き来しているだけです。やってみてコーヒーがあまり関係ないなら、その可能性は再び排除して、次のことを考えればいいのです。何でもこういう感じだろうなと思います。
P5270711