彼岸花
明日が彼岸の中日、秋分の日です。田の畦に彼岸花の朱色がずらりと並ぶようになりました。名前のとおり、数日前から開き始めています。時を違えずいっせいに咲くといえば、春は桜、秋は彼岸花でしょう。

ただ、彼岸花は桜ほど好まれているとは思えません。花のひとつひとつを見れば造形的に美しいのですが、なんとなく不吉なものを感じてしまう花です。花のみが先に咲いて、葉がないというのも一因かもしれません。花の色が桜のように淡ければ随分違ったような気もします。有毒草です。

墓地などにもよく咲くため、「死人花」「幽霊花」といった別名もあります。曼珠沙華という華やかな呼び名もあり、俳句ではこちらがよく詠まれます。梵語で「天上に咲く赤い花」という意味です。
IMG_4743