優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

2022年09月

台風
台風の接近に備えるようにとの町内放送がありました。近畿地方では日曜の午後から影響が出始めるとの予報です。大型で猛烈な勢力を保ったまま、すでに九州に接近しています。三連休中に買物に行かなくて済むよう午前中に食料品を買い込んできました。あぜ道にヒガンバナが咲き始めていました。
DSCN4907



秋うらら
最近、岩崎宏美をYouTubeで聴きまくっています。お勧め動画に『ドリーム 岩崎宏美』が出てきて何気なく開いてみたら、度肝を抜かれました。「夜のヒットスタジオ」の映像で、当時17歳、おかっぱ頭に水色のワンピースの彼女はまだどこか幼さの残る風情です。

ところが歌いだしたら仰天しました。とにかく声量が凄い。さらに「このぼくが〜」からのサビの声の伸びと響き渡る高音の素晴らしさ。とても17,8歳の女の子の歌とは思えません。

こうした高らかに歌い上げるサビの場合、大部分の歌手は眉根を寄せたり目を閉じたりして「渾身の力で歌っています」という感じになります。ところが彼女は、全く何の苦もなく微笑さえ浮かべやすやすと音に乗り、歌い切ります。当時は生放送で生バンド一発撮りです。それでこの歌唱、凄いとしか…。
DSCN4879



稲の香
帰りの電車で話に気をとられていて自分が降りる駅を乗り過ごしてしまいました。最後にひと駅分歩いて帰るというオチが着きました。とはいえ、いいお天気で空には十六夜の月が昇り、夜風は心地よく、住宅街をぬけると熟れた稲の香りがしました。
DSCN4980



秋気澄む
横川地域は比叡山の中心といえる東塔地域から離れているため、ここまで足を伸ばす人は少ないようです。快晴の日曜でしたが、混雑はしておらずのんびり歩けました。帰りのバスに遅れないように早めにバス停に向かいました。
IMG_5485



天高し
横川の四季講堂は元三大師堂とも呼ばれます。ここを住まいとした元三大師(912-985)は大陸から入ってきた易学に似た「天竺霊籤」をもとに「元三大師百籤」を作りました。これが日本のおみくじの始まりとされています。
IMG_5489



爽やか
奥比叡ドライブウェイを走るバスからは東側に広がる琵琶湖が見えます。途中、親鸞、法然らの修行の場と書かれた立札がありました。鎌倉新仏教の開祖たちはすべて一度は比叡山で修行をしています。

比叡山は大きく東塔、西塔、横川の三つの地域に分かれています。横川は最も北に位置する場所で、横川中堂を中心に恵心堂、四季講堂などがあります。
IMG_5486


秋の山
延暦寺会館で精進料理を食べようと思っていました。しかし、坂本ケーブルに乗れずに引き返して叡山電鉄・ケーブルカー・ロープウェイを使ったため頂上到着予定が遅れました。入場券売り場で「延暦寺会館の昼食の受付は1時半まで」と言われて断念。

無料休憩所で昼食にしました。メニューには各種のそばしかなく、糖質制限をしている身にはつらいところでしたが、ゆで卵があったのでそれを付け加えて空腹を抑えました。その後、山上巡回バスで横川へ行きました。
IMG_5484



このページのトップヘ