秋曇り
家に戻った後、保健所へ指定難病の申請に行ってきました。書類を提出した日が支給認定の開始日になるので、何をさておいても退院したらこれです。治療費の助成を受けるためには申請しなければいけません。今年に入ってこの病気関連で診察を受けた医療費の領収書もすべて持って行きました。

医療費の総額が33,330円を超えた月が年に3回以上あれば、軽症であっても助成申請できます。医療費は「総額」であって、自己負担分ではありません。ここがポイント。今年に入って7か月はこの額を超えた医療費がかかっています。これからも定期的に通院し、検査や点滴を受ける必要がありますから、間違いなく年に3回は33,330円をオーバーするでしょう。

今回の入院の医療費請求書に記載されている点数は158,644。1点10円なので、1,586,440円になります。保険の3割負担なら460,932円。入院に先だって、限度額適用申請していたので、所得に応じた減額措置を受けることができました。難病と承認されればこの先はさらに減額されます。
DSCN0005