青葉若葉
ChatGPTに「なぜ東アジア地域は合計特殊出生率が極端に低いのか」ときいてみました。それによれば、主な原因は四つ々發だ験菷顱Χ軌虍 教育と就労の競争 2搬牡僂諒儔 ぜ教的な家制度の名残、とのことでした。

日本の1954年の高校進学率は男子55.5%、女子47.4%でした。義務教育が終われば半数の人は仕事に就いたのです。今は全く違います。2022年の大学進学率は56.6%、それ以外にも専門学校等に進学する人も多く、そこに常に競争が伴います。

東アジアでは儒教的な「家を継ぐ」という考え方が強く、男子が望まれました。この考え方が若い世代では薄れ、個人主義が主体になってきています。その考え方の変化の軋轢が合計特殊出生率に反映されているというのです。
IMG_6016