枯尾花
ハイドンのピアノ協奏曲全曲集というYouTubeを聴いています。ハイドン時代の初期にはまだ現在のようなピアノは完成しておらず、古典派時代を通じて徐々に今の形へと進化していきました。ゆえにモーツァルト、ベートーヴェンは多くのピアノ曲を残しています。

ハイドンの現在もよく演奏される『ピアノ協奏曲第11番ニ長調XVIII:11』を聴くと、モーツァルトかと一瞬思ってしまいます。この時代の音楽の特徴なのでしょう。流麗で美しいメロディーが溢れるように奏でられます。

この動画のピアニストである奥井紫麻は当時9歳!ウクライナ国立劇場でウクライナ・フィルハーモニーと共演し、2022年にはパデレフスキ国際コンクールのファイナリストになっています。
IMG_6681