はつ夏
物は少なくして暮らしています。患者会の仲間が大きな家と敷地を売り、小さな家で暮らすとの話を聞きました。新しい家はバリアフリーを考え車椅子でも大丈夫なようにと考えているとのことです。

人生とは放物線のようなものだと思います。上昇し拡大していく過程では物が増え人との関係も広がって行きます。しかし、どこかの段階でそれは縮小に転じます。縮小に転じているとわかったら身の回りを徐々に整理していくのがいい。

心身が十分機能するうちにそれをしておいた方がいいのは、思った以上に労力が必要だからです。物を捨てられないという人の話をよく耳にしますが、私はあまりそういうことはありません。
IMG_7302