冷奴
YouTubeでクラシックを聴くようになり、多くの知らなかった作曲家を知りました。ヨゼフ・ミスリヴェチェク(1737-1781)もそのひとりです。『ヴァイオリン協奏曲変ロ長調第四番』を聴くと、モーツァルトを連想します。

しかし、ミスリヴェチェクがモーツァルトの影響を受けているのではなく、その逆です。モーツァルトの独創的なリズム語法の大半はすでにミスリヴェチェクが発案していました。モーツァルトは時代から学ぶことに長けていたのでしょう。

サムネイルにはポンペオ・バトーニ(1708-1787)の『青い衣装の男』(1760頃:ダラス美術館蔵)の一部が使われています。彼は、英国からグランド・ツアーでローマを訪れる貴族たちの肖像画などを描き、国内外で人気を博しました。
Portrait_of_a_Man_in_a_Blue_Suit