梅雨空
「一瞬にしてみな遺品雲の峰/櫂未知子」という句があります。本人が死ねば全部ゴミです。いまどき不動産でも”負動産”であり、墓もその後の守り手がいなければ処置に困ります。墓じまいはすでに済ませており、母は散骨で送りました。私自身も散骨の予定です。

人生100年時代といわれますが、年齢を重ねれば体力は当然落ちていきます。片付けには気力と体力が必要です。実家の片づけをやって痛感しました。だから先延ばしにしてしまうのかもしれませんが、そうすると残された人がその負担を被ることになります。
IMG_6100