□◆□…優嵐歳時記(883)…□◆□

  杉の木のまだ揺れている野分晴  優嵐

台風が去った後の晴天を「野分晴」といいます。昨日は、
日本海に入った台風が北へ進み、兵庫県では午後から
台風一過の青空が広がりました。空気中の塵が風雨で
吹き飛ばされ、遠くの山もくっきり、青空もすがすがしい
気持ちのいいお天気でした。

秋の日差しが戻ってきてもしばらくは風が強く、草木は
大きく揺れていました。今日の夕方には台風は小樽市の
西に進んでいます。日本列島に近づくまではじりじりと
した歩みでしたが、日本海に入ってしまうと、急速に
スピードがあがるようです。すでに14号が発生して西に
向かっていますね。