□◆□…優嵐歳時記(943)…□◆□

  イタリアのアリアを聴くや冬の夕  優嵐

知り合いのお嬢さんの初めてのコンサートに行って
きました。普通の大学に通いながら声楽を学び、その後
ドイツにも留学して研鑽を積まれたということです。
オペラのアリアを聴く機会など、今まで一度もありませ
んでしたが、歌の素晴らしさに圧倒されました。

ほっそりとした外見からは想像もつかないほどの声量。
長い修練を積んで、声楽独特の特殊な発声法を身につけ
られたからこそなのでしょう。高1のときに「音楽をやりたい」
と心に決め、その道に進むためにさまざまな困難を
克服した彼女に拍手を贈りたいと思います。