□◆□…優嵐歳時記(945)…□◆□

  遠山に雲の影ある芭蕉の忌  優嵐

芭蕉は1694年11月28日(旧暦:元禄17年10月12日)
旅の途中、大坂御堂筋の旅宿・花屋仁左衛門方で
「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句を残し、客死し
ました。

江戸時代以前の人の忌日は旧暦の日付を調べないと正確
にはいつかがよくわかりません。別名「時雨忌」とも
呼ばれていますが、新暦の10月12日では天は高く、とても
時雨という趣ではありません。

今日は朝のうち晴れていましたが、お昼ごろから雲が出て
時雨っぽいお天気になってきました。家の周りにある銀杏
は今が黄葉の最盛期です。芭蕉が亡くなった時代よりは
少し暖冬かもしれませんが、季感はこんな風だったの
だろう、と想像することは可能です。