優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:さだまさし

秋気澄む
岩崎宏美の『Dear Friends さだまさしトリビュート』では、『虹〜Singer〜』も印象深い曲です。さだまさしが雪村いずみのデビュー40周年のために作りました。この歌の主人公の姿は岩崎宏美自身も彷彿とさせます。

「こんなにも長い間 なぜ歌って来たのだろう 小さな幸せや 伝説の向こう側に逃げ込む
チャンスはいくらもあったのに」 「全てを手に入れたり 全てを失くしたり あなたまで ひきかえにして」 45年以上も第一線で歌い続けるというのは、恵まれていると同時に人には言えないような辛苦もあったことと思います。

大きな才能を与えられ生まれてきたものは、それに付随するもろもろのものも背負わなければならない。大きなものを与えられた人は大きな荷物を、小さい人は小さいなりの何かを。そして、それぞれがその場でそれに応じたことを精いっぱいやる、そういうことかな、と。
DSCN6161




岩崎宏美の『Dear Friends さだまさしトリビュート』をYouTubeで視聴すると、『いのちの理由』で手話を交え歌う様子が見られます。歌の内容を耳の不自由な方にも伝えたいと手話の専門家の指導を仰いだとか。2012年に63枚目のシングルとして発売されています。

『いのちの理由』を一言で言うならば、人は出会うべきものに出会うために生まれてくる、ということでしょうか。歌は詞と曲がともに支えあって素晴らしいものになります。手話で詞の世界を伝えようとした岩崎宏美。彼女が詞を大事にしてきたことを物語っています。
DSCN6167



黄葉
岩崎宏美に関して、まだ初期のアルバムくらいしか聴いていません。しかし、偶然『Dear Friends さだまさしトリビュート』を聴いて、10代の彼女とは違う良さがあるなあと思いました。

10代のころの歌はアスリートに近いです。とにかく声は出る、伸びる、どこまでも疲れも挫折も何も知らない才能の爆発で歌っている印象が強い。ただ、それだからこそいい部分もあります。どれほどの名優も子役の魅力には適わないようなものです。

このアルバムの中で最も惹かれたのは『人生の贈り物〜他に望むものはない〜』でした。作詞は韓国のシンガーソングライター楊姫銀、作曲がさだまさしです。韓国語の詞を日本語にしているのかどうかわかりませんが、この詞の内容は10代や20代の歌い手では全く聴き手に響かないでしょう。
DSCN6130



コスモス
コスモスを漢字では「秋桜」と書きます。「あきざくら」と読んでいましたが、「コスモス」と読むのが一般的になったのは、山口百恵の『秋桜』(1977)がきっかけだそうです。多くの歌手がカバーしており、岩崎宏美も『Dear Friends さだまさしトリビュート』(2012)でカバーしています。

岩崎宏美と山口百恵は同じ「スター誕生」の出身で同学年。35年後に同曲を歌っているわけで、もし山口百恵が現役を続けていたなら、どんな風に歌っただろうか、とか、1977年当時の岩崎宏美だったらどんな感じだっただろうか、と想像で楽しむこともできます。
DSCN6128



このページのトップヘ