優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:りんごの木

風鈴草
フウリンソウは南ヨーロッパ原産のキキョウ科ホタルブクロ属のカンパニュラの仲間です。ツリガネソウとも呼ばれます。花も株も大きく見栄えがするため昔から栽培されてきました。耐寒性はありますが、暑さに弱いため関東以西では秋蒔きで育てます。
IMG_6083


額の花
花をモチーフにした歌は数多くあります。日本なら圧倒的に桜でしょう。ひまわりもよく歌われます。童謡ならチューリップでしょうか。

しかし、紫陽花が歌われている歌というのは即座に浮かんできません。検索したらいくつか出てきましたが、誰もが知っている有名曲ではありませんでした。
IMG_6082


青りんご
「りんごの木」の名前どおり、庭にはりんごの木があり、小さなりんごが生っていました。姫路周辺は温暖なので、りんごの木は滅多に見ません。りんごの花は大変美しいそうで、「りんごの花ほころび〜」で始まるロシア民謡『カチューシャ』を思い出します。

日本語でも親しまれていますが、YouTubeではロシア語のものを聴くことができ、やはり原語は素晴らしいと思いました。意味はわからなくてもその国の言葉の響きがその音楽に最もよくあっています。
IMG_6080


あじさい
庭園にはタイマツバナも植えられていました。北アメリカ原産のシソ科の多年草です。葉と花がベルガモットオレンジに似た香りを持ち、ハーブとして用いられるときはベルガモットとも呼ばれます。殺菌力のあるチモールを含みます。

和名のタイマツバナは鮮やかな赤い花が松明を連想させたからでしょう。園芸品種としてはモルダナという呼び名もあります。品種が多く赤以外に白、ピンク、紫など多彩で、暑さに負けず夏の花壇を彩ります。
IMG_6078


紫陽花
「りんごの木」の庭にはアジサイがいくつか植えられていました。都麻乃郷あじさい園でたっぷりとアジサイを見た後でしたが、こちらはこちらでまた新鮮な感覚でした。花というのはいくら見ても飽きないものです。
IMG_6075


梅雨時
西林寺を出た後、近場まで戻ってお茶にしました。行ったのは福崎町にある「りんごの木」というカフェです。市川のすぐそば、イングリッシュガーデンのある店です。英国風のアフタヌーンティーが楽しめるようなので、それをお願いしました。
IMG_6072


このページのトップヘ