優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:万両

万両
自然観察の森へは県立こどもの館を通って行きました。ここは打ち放しコンクリートを活かした安藤忠雄建築です。星の子館、姫路文学館も彼の建築なので、姫路市には安藤建築が三つ存在します。兵庫県には意外に彼の作品が多いかもしれません。

途中、子どもの絵を立体作品にした彫刻や足で演奏するピアノがあったりしました。コンクリートの建物を抜けると遊歩道が始まります。そのかたわらにマンリョウがいくつも実をつけていました。
IMG_6797


万両
最上公園展望台を経て急な階段を降りていくと経王院の横に出てきます。鐘撞堂があり地元の友人は大晦日にここへ除夜の鐘を撞きに来ると言っていました。さらに降りていくと街中の道に出ました。
IMG_5652



このページのトップヘ