優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:人生の贈り物


40代を超えて10代のころと同様の声を出せというのは無理です。ゆえにファルセットなのですが、地声も若いころとは異なり細くなっているのがわかります。『ロマンス』『ファンタジー』は、やはり10代のために作られた歌です。

復帰後の岩崎宏美の歌で、素晴らしいと思ったのは、『人生の贈り物〜他に望むものはない』(当時53歳)です。これはこの年齢でなければ歌えない歌です。10代や20代では説得力がありません。この歌詞のようなことに気づけるのはもっと後です。

光陰矢の如しとか、少年老い易く学成りがたし、などという古典を中学や高校で習いました。しかし、そのときは何のことかわかりませんでした。意味はわかっても実感としてはわかりません。人生も若さも永遠に続く、そんな錯覚に陥っているのです。
IMG_6725

黄葉
岩崎宏美に関して、まだ初期のアルバムくらいしか聴いていません。しかし、偶然『Dear Friends さだまさしトリビュート』を聴いて、10代の彼女とは違う良さがあるなあと思いました。

10代のころの歌はアスリートに近いです。とにかく声は出る、伸びる、どこまでも疲れも挫折も何も知らない才能の爆発で歌っている印象が強い。ただ、それだからこそいい部分もあります。どれほどの名優も子役の魅力には適わないようなものです。

このアルバムの中で最も惹かれたのは『人生の贈り物〜他に望むものはない〜』でした。作詞は韓国のシンガーソングライター楊姫銀、作曲がさだまさしです。韓国語の詞を日本語にしているのかどうかわかりませんが、この詞の内容は10代や20代の歌い手では全く聴き手に響かないでしょう。
DSCN6130



このページのトップヘ