優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:冬満月

冬満月
昨夜は今年最後の満月でした。冬至が近く月が昇る位置も沈む位置も最も北寄りになっています。反対に日の出と日の入の位置は最も南寄りになっています。夏至のころとは真逆です。四季、昼と夜の時間差はここに現れています。

地球の自転軸は太陽に対して23.4度傾いており、それが一年かかって太陽を回る間に季節が生まれます。自転軸の北極が太陽に最も近づくのが北半球の夏至、南極が最も近づくのが北半球の冬至です。
DSCN6348

冬満月
昨日は旧暦の10月15日でした。皆既月食だったようですね。うかつにも見逃しました。快晴でしたし、比較的早い時間帯だったので見られた可能性はあったのに残念。最近は夜9時ごろには布団に入っているので、遅い時間帯だと寝てます。

今朝6時頃に西の空を見たら、山の向こうに満月がいま沈みきろうとしているところでした。日が短くなり、月が沈む位置がかなり北よりになっています。逆に太陽が沈むのは真西に近づいてきています。
DSCN5374



このページのトップヘ