優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:姫路城

極月
姫路城では令和4年6月29日から照明入替工事が行われています。そのため、「鏡花水月」が終了した後、ライトアップは令和5年3月24日まで中断されます。これまでの照明は平成4年(1992)に設置されたもので、それがLED照明になります。この年末年始はライトアップの無い姫路城になりますが、新しく模様替えされるのを楽しみに待ちたいです。
DSCN6335




「鏡花水月」では三の丸広場に8台のタワーを設けそこから光を放出して空にオーロラの世界を演出し、地上には6万球のイルミネーションを設けて波紋や水を表現しています。それらが音楽に合わせて変化し、天守と現代アートのコンビネーションで楽しませてくれます。

水面に富士山が映り込む姿を「逆さ富士」と呼びます。この夜の三の丸広場には「逆さ城」が出現していました。
DSCN6331


冬の夜
お堀にかかる桜門橋を渡って大手門をくぐると「鏡花水月」のメイン会場である三の丸広場に入ります。正面にはライトアップされた連立大天守が聳えています。三の丸広場の中央に巨大な水盤を設置し、そこに城の姿を映し出すという趣向です。
DSCN6333



姫路城ライトアップ「鏡花水月」は12月2日から11日の17:30〜21:00まで、姫路城三の丸広場で開かれています。大手前交差点の信号を渡るとお堀に浮かべられたいくつものバルーンが見えてきました。

鏡花水月とは、鏡に映る花や水に映る月のように、目には見えるけれど、手に取ることができない、そんな儚い美しさや趣を表す言葉です。光で演出された冬ならではの姫路城の美しさを堪能しました。
DSCN6324


十二月
先日、姫路城ライトアップ「鏡花水月」へ行ってきました。JR姫路駅からみゆき通り商店街を歩いてお城に向かいました。通りには昔から屋根があります。そこがライトアップされていて驚きました。

みゆき通り商店街も随分店の様子が変わり、子どもの頃からあった店で残っているところはほとんどありません。時代の流れに耐えて生き残って行くというのはやはり大変なことなのだと思います。
DSCN6322

師走
姫路城は白鷺城の別名どおりその白い姿が特徴です。これは壁、軒下など外に露出している部材を白い漆喰で塗り固めた白漆喰総塗籠という建築方式によるものです。

今の姿の姫路城は徳川家康の娘婿である池田輝政が建てました。関ケ原の戦いの直後で、姫路城は西国大名に対する備えの城であったと言われています。再び戦いが起きることを想定し、戦いに耐えられる防火性を高めた城でした。

当時の城の主流は安土城などのような黒い板壁のものでした。建築当時は無骨無粋な白漆喰総塗籠が今では特異な美しさになっています。幸い姫路城は一度も戦火にさらされることなく、空襲も生き延びてその美しい姿を見せてくれています。
IMG_5666


冬紅葉
書写山ロープウェイの山上駅には半年前に新しい展望台がオープンし、「ミオロッソ書写」と名づけられています。ここから書寫山圓教寺までは東坂を歩いて20分ほど。展望台のすぐ近くから姫路城大天守が望めます。姫路城は書写山から南東約3kmのところ、八丈岩山の向こうに天守が頭をのぞかせています。
DSCN6220




三日月
昨夜は旧暦の10月3日でした。姫路城に入る前、西の空に低く三日月がかかっているのが見えました。午後6時からの開場で、あたりはすっかり暗くなっていました。日中はまだ暖かいですが、朝や夜はやや肌寒さを覚えるようになってきています。
DSCN6148



秋の宵
姫路城は千姫がその数奇な生涯の中で最も幸せな時間を過ごした場所と言われています。『千の願い、月への想い シロノヒカリ』ではその千姫の幸福な時間をテーマにエリアをつないでいます。光の演出が素晴らしく、大天守の前ではまるで天守全体と自分自身もいっしょになって空間を飛んでいるような印象を受けました。
DSCN6152




10月24日(月)から11月6日(日)まで姫路城で行われている『千の願い、月への想い シロノヒカリ』へ昨夜行ってきました。姫路城有料区域内を使い、プロジェクションマッピングによる映像演出で幻想的な空間が作り上げられていました。
DSCN6151



このページのトップヘ