優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:抗mag抗体陽性ニューロパチー

春しぐれ
ペインクリニックの受診日でした。疼痛の状態にそれほど変化はありません。抗mag抗体陽性ニューロパチーの治療法はないので、私の場合は疼痛コントロールが今のところ主になります。

主治医に相談し、高価なタリージェからもとのプレガバリンに戻してもらうことができました。今はタリージェ5mg(92.5円)を朝夕3錠ずつ飲んでいますから1日555円です。

これをその前まで飲んでいたプレガバリン75mg(24.3円)朝夕2錠にすれば1日97.2円です。同じ薬効で5.7倍の差です。長期間服用するのでこの差は大きいです。
IMG_6937


人参
圧力鍋を使って五目豆を作りました。かなり前にいただいた大豆があったのを思い出したのです。玄米を炊くべく購入していた圧力鍋なのですが、米を食べなくなったので出番が少なくなっていました。

能登半島地震から一か月、自分も鎮痛剤を手放せない身になったので、そういうとき薬はどうなるかしら、と思いました。処方薬なので受診時に次の受診日を決めてそこまで持つだけしか処方されません。

処方されてすぐだったらまだいいですが、薬が残り少なくなっていたら、ちょっと厳しい、と。医療機関もそのときは被災しているでしょうし、救急患者でそれどころではない状態になっているでしょう。
DSCN3609

寒夜
昨夜はいったん眠ったあと痛みで目が覚めました。タリージェ5mgを減らして2週間、特に変化なしと昨日書きましたが、変化はやってきました。夜中に起き出してタリージェ5mgを2錠、さらに睡眠剤のデエビゴ5mgを1錠飲み眠ることができました。

タリージェは解熱鎮痛剤のように飲んで効果がすぐに現れる類の薬ではありません。血中に一定量あって効果を持続するタイプの薬です。2週間たって減量の影響がでてきたようで、無理もないことです。

タリージェもリリカ(プレガバリン)も神経障害性疼痛に特化した鎮痛剤です。ツートラムは弱オピオイドでもっと広範囲の痛みに対処するための薬です。神経障害性疼痛用の薬は減らせないということがはっきりしました。
IMG_0966


水仙
晴れた週末です。寒中ですが週半ばの寒波が落ち着き日差しはもう春の明るさです。この冬は積雪のないまま過ぎていきそうです。

抗mag抗体陽性ニューロパチーに伴う疼痛に関して、タリージェ5mg×3朝夕にツートラム25mg朝夕だったものを、タリージェ5mg×2朝夕にツートラム25mg×2朝夕に変えて様子を見始めて2週間たちました。タリージェ減量による影響は感じられません。

タリージェは薬価が高いのが難点です。私が飲んでいる量での薬価で言えば、タリージェ5mgは92.5円、プレガバリン75mgは16.2円、ツートラム25mgは33.3円です。長期間飲み続けなければならないので、費用は効果とともに十分考える必要があります。
IMG_5721


葉牡丹
いまの講師の仕事を始めたのは、コロナが流行し始めた頃でした。それ以前にやっていた仕事をCIDPとの診断を受けて、いったんやめていた後のことです。その前にやっていた仕事も今の仕事も、「家にいるなら少しやってもらえないか」と話をいただいて始めました。

そのさらに前に常勤でやっていた仕事をやめたのは、自分がやりたい仕事を家でやるためでした。ところが、こうして「ちょっとなら」といただく話を受けているうちに、何年もこういう状態になってしまいました。

自分がやりたいと思って始めた仕事へ割く時間がしだいに削られていたことを思い出しました。抗mag抗体陽性ニューロパチーはそれを思い出させてくれ、そちらに集中する機会をくれたのかもしれません。人生の時間は限られているのです。
IMG_6770




週末になりました。年が明けてからこの2週間、ほぼ毎日講師の仕事がありました。来週からは少し減ります。2月に入るとまた前半はまとめて仕事があります。今年度でそこから退く目途がつき、ほっとしています。

仕事をしている間は集中しているので、疲れをそれほど感じません。しかし、家に戻ると疲れが押し寄せてきて食事を作るのも面倒という感じになってしまいます。

抗mag抗体陽性ニューロパチーの進行は極めてゆっくりながら、進行しているのは確かです。「進行するなんて…」と思われるかもしれませんが、人間はみんな<老化>という進行性の病にかかっています。治療法もありません。
IMG_6834


寒茜
昨夜は旧暦12月3日でした。夕方はかなり遅くなっており、夕焼けを見ようと外に出たら三日月がかかっていました。

昨日からツートラムが50mgに増えました。25mgでは効果がよくわからない感じでした。タリージェ5mg×3錠は2錠に減らしてみます。減らしても鎮痛効果が変わらないなら、タリージェを減らします。今は何が最も効果があるのか見極めるのが大事です。

ツートラムの薬価は25mgで33.3円、タリージェ5mgは92.5円、タリージェはツートラムの3倍の価格です。鎮痛効果に大差ないならツートラムの方がいいです。副作用として記入されているものは大差なく、ツートラムの副作用も今のところありません。
IMG_6911


来る年
ここ数日足の痛みが増し、考えた末疼痛緩和専門医を受診することにしました。抗mag抗体陽性ニューロパチーに関して、脳神経内科では経過観察のみです。この先疼痛をコントロールするなら、疼痛緩和専門医に相談した方がいいと思いました。

これまではタリージェで疼痛を管理してきましたが、保険適応の限界量になっており、今回はツートラムを併用して試してみることになりました。
IMG_6858


実南天
今年も残すところ一週間。新しい年の目標を考えています。まずは抗mag抗体陽性ニューロパチーの症状を重くしないこと。一般によく言われるバランスのいい食生活、適度な運動、充分な睡眠、という三つの柱に留意してやっていくことです。

忘年会で友人に「これらにこれまで注意してやってきた。それなのにこんな病気になってしまった」と言ったら、「少なくとも生活習慣病にはなっていない。それだけでもやってきたことの意義はあるはず」と言われ、それもそうだと思いました。

視点を変えたり視野を広げたりすれば物事の見え方は変わり、見え方が変われば世界が変わります。
IMG_6753


冬紅葉
夜明けが遅く午前6時でも真っ暗です。白湯のおかげか目覚めたときはこむらがえりは起きていませんでした。ただ、伸びをした拍子に左足に軽いこむらがえりが起きました。

CIDPの患者LINEグループには、筋肉の伸ばし具合で自在にこむらがえりを起こせるという人がいます。私の場合、目が覚めた後、不用意につま先を伸ばすと起きるようです。

どういうメカニズムで起きるのかはわかりませんが、末梢神経がおかしくなって、そこにつながる筋肉の収縮と伸展のバランスもおかしくなっているのだろうと思います。
IMG_6664


このページのトップヘ