優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:春なかば

春なかば
周囲の山々はヤマザクラが多く、最も早い木はあと10日ほどで咲き始めます。いつも最初に咲く木がどれであるかはわかっているので、この時期になるとその木に注意を払っています。芽吹きが近い木々の枝先はそれを待ち構えるように光り輝いています。
IMG_6998


春なかば
自宅から見える市川の河川敷で工事が行われているのが見えました。トラックが行き交っており河川敷に公園でも作っているのかと思います。住宅地という感じではないですし、堤防の補修というわけでもなさそうです。

このあたりは市川の下流域で、河川敷公園が増え始めます。大雨が降ったときは遊水地としての役割を担い、普段は住民の憩いの場などとして活用されています。市街地では広い公園を整備することは難しいので、一石二鳥ですね。
P3060150

春なかば
電気の契約を大阪ガスから関西電力に戻しました。電気料金支払いの案内が送られてきて、当然のようにクレジットカードで、と思っていました。しかし、説明書を読むと口座振替の方がオトクのようです。

検索してみると、1万円を境にそれ以下なら口座振替、それ以上ならクレジットカードがオトクとのこと。こういうことも情報を調べなければわかりません。

以前、大阪ガスに変更したのは、Amazonプライムが無料になるからでした。しかし、それを差し引いても電気使用量が少なければ関西電力の従量電灯Aの方が得です。また、現在はAmazonBusinessで購入しているため、こちらの方がAmazon自体もオトクになります。
DSCN1311

春なかば
ランチに出かけた日は啓蟄。仲春に入り気温があがっています。快晴で日差しがさらに明るくなっているのが実感できました。デザートには苺を素材に使ったムースなど三種が並び、淡いピンクに統一されて春の喜びに溢れているようでした。
IMG_5748


このページのトップヘ