優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:春浅し

春浅し
江戸の昔、境内はそれなりの広さがあり、周りは町家が建ち並んでいるだけだったでしょう。いま周囲は大都会のビル群となり寺社がこうして残っているのが不思議な気がします。

今宮戎のすぐ北側は阪神高速1号環状線が走り、その西にはなんばグランドマスターズタワーが聳えています。それでも片隅に座ってお茶をいただく程度のスペースはあり、持ち寄ったコーヒーとお菓子でお茶の時間にしました。
IMG_6979


春浅し
昨日は午前8時ごろから細かな雨が降り始めました。朝起きたときに暖かいと感じました。曇って放射冷却が起きていないからでした。今朝は寒く感じたので晴れているでしょう。寒いといってもこの辺りは北国と比べれば過ごしやすいです。
IMG_4436


春浅し
増位山では野生動物によく会います。猪、鹿、狐、狸など、中でも最もよく見かけるのが猪です。姿を見せなくても気配で猪がいるとわかることもあります。昨日も頂近くで猪を見ました。彼らの方が敏感なので、先にこちらに気づいて避けてくれます。木々の間を駆け下っていく丸い姿を見ただけでした。ずんぐりしていますが、とても敏捷です。IMG_0999


このページのトップヘ