秋空
新幹線に乗る前に東京駅丸の内駅前広場を見に行きました。広々と整備され、路上の一画には打ち水システムができています。路上に5mmの薄い水の膜を張り、歩く人に心地よさを味わってもらおうというもので、周辺の御影石の舗装よりも表面温度が10℃ほど低くなるそうです。

水の膜は薄いため、靴が濡れることはありません。歩くために作られたと思うのですが、ほとんどの人は周りを取り囲んで写真を撮っています。全国的には雨模様だったものの、関東地方はよく晴れて暑い一日でした。
P_20180908_145826
P_20180908_145953