優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:橿原市

日傘
深田池の面積は49,500屐日本書紀に記されている推古天皇が作った畝傍池ではないかという説があります。対岸まで遊歩道が整備され池の周囲の一部を歩けるようになっています。冬にはマガモが数多く飛来するそうです。
IMG_5345



花菖蒲
参拝を終え南神門を出て深田池のほとりに向かいました。万葉時代からすでにあった池と考えられており、畝傍山の南斜面を流れ下る雨水を水源としています。灌漑池、洪水調整池として重要な役割を担っています。水辺でハナショウブが咲いていました。
IMG_5344



梅雨
近畿地方は6月28日に梅雨明けしました。史上最も短いわずか二週間の梅雨だったとか。橿原神宮へ参拝したころは梅雨入り直後で、これから一か月以上梅雨だと思っていました。何が起こるかわからないものです。ほとんど雨らしい雨は降らず、水不足が心配です。
IMG_5343


青葉風
外拝殿の石段を上るとその奥に周囲を回廊に囲まれた外院斎庭があります。さらにその先に内拝殿があり、その屋根の背後には幣殿の千木が見えます。本殿はその奥です。余計な飾りを避けた簡素さと清潔感、そこから生み出される豊かな空間、そういうものに日本人は神を感じるのだと思います。
IMG_5342



梅雨
南神門をくぐって外拝殿前の広場に入りました。実に広々としています。このすっきりと何もない広がりが「ありがたさ」を生み出しているように思います。外拝殿の向かって右手に巨大な寅の絵馬が掲げられています。奉納者は近鉄です。
IMG_5341



六月
橿原神宮は神武天皇を祀っています。四年前の一月に一度参拝したことがあります。今回は夏の参拝です。第一鳥居の前に立つと第二鳥居までまっすぐ見渡せます。玉砂利が敷かれた広い参道の両側には四角形の石燈籠が並んでいます。
IMG_5340



柏葉紫陽花
来るときは「青の交響曲」で吉野までまっすぐでしたが、帰りは橿原神宮へ参拝することにし、橿原神宮前駅で途中下車しました。昼食をとろうとカシワバアジサイが咲く通りを歩いていくと「橿原オークホテル」がありました。「橿」は樫の木のことです。
IMG_5337



しぐれ
飛鳥川は大和川水系の一級河川。奈良盆地南部を流れ、飛鳥地方の寺社や遺跡の間を縫いながら橿原市を貫流して大和川中流部に注ぎます。万葉集に数多く詠われ、藤原京に住んだ人々が親しんだ川です。

本薬師寺跡から東に進んで飛鳥川のほとりに出、川に沿って500mばかり歩いた後、川を渡ってさらに東に歩きました。川に白鷺がいました。白鷺はダイサギ、チュウサギ、コサギの三種類があり、この鳥は、ダイサギかチュウサギと思います。IMG_0777


このページのトップヘ