優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:石蕗の花

石蕗の花
いつの間にか十一月も残り一週間を切りました。クリスマスケーキやおせち料理の予約が年々早くから始まるなあと思っていたらもう目前です。今年一年、振り返ればそれなりにいろいろありましたが、年々思いが強くなるのは「無常迅速」ということです。

中学生や高校生の頃、「少年老いやすく学成りがたし」とか「光陰矢の如し」などという格言をきいて、そんなものかな、と思っていましたが、今となっては全くその通り、と痛感します。
DSCN6194


石蕗の花
11月も中旬に入り日の短さを感じるころになりました。この時期に庭に咲いている花といえばツワブキです。キク科ツワブキ属の常緑多年草で海岸近くの岩場に自生し、庭園でもよく植えられています。あちこちでこの黄色い花を目にすると冬に入ったなあと思います。
DSCN6193


このページのトップヘ