優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:神戸市

青葉
いさきではなく鯵の塩焼きを食べることになったとき、「鯵もとても美味しいですよ」と言われました。そのとおりに、鯵は大きくて身がたっぷりあり食べ応えがありました。玄米ご飯に自家製の浅漬け、出汁巻き卵など他のメニューも美味しかったです。
IMG_5352



涼し
座敷には梅酒やお米などが置かれていました。中でも目をひいたのはコントラバスでした。「弾かれるのですか?」とご主人にたずねると、「はい、店が終わった後にときどき」とのこと。昼は包丁を握り、夜はコントラバスの棹を握る…、素敵です。
IMG_5353



いさき
休日の昼のメニューは定食のみでした。いさきの塩焼きか鶏の唐揚げで、いさきの塩焼きを注文しましたが、最後の一匹はハイキング仲間のひとりが食べることになり、アジの塩焼きに。メニューを貼った壁の上には神棚があり、様々な神様のお札が祀ってありました。
IMG_5354


ベゴニア
6月19日(日)に山陽電車を使って新開地駅から月見山駅までハイキングをしました。この日は薄曇り、やや暑くはありましたがここ数日ほどの猛暑ではありませんでした。

新開地駅から南へ下って西国街道の標柱なども目にしつつ、阪神高速3号神戸線高架そばの明治橋公園で休憩しました。ベゴニアの咲く花壇があり、広場の中央には一本の柿の木が。こういうところに柿の木というのは珍しいと思いました。
IMG_5348



このページのトップヘ