優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:秋彼岸

秋彼岸
義兄のお墓は石塔を建てる形では作っておらず、菩提寺の納骨堂にお骨を納めています。納骨堂でも読経をしていただいた後、「川飛 四季のぬくみ こころ庵」でお昼にしました。前菜、お刺身、茶碗蒸し、海老掻き揚げが載ったお茶漬けが出て、美味しかったです。お茶漬けが糖質制限的には要注意ですが、こういう日は目をつぶります。
IMG_5516



秋彼岸
三連休の中日、姉一家が菩提寺で義兄の供養をしていただくというので一緒に参拝してきました。ここの若い住職のお経は素晴らしく、これまでこれほど見事なお経を聴いたことがありません。響き渡る黄金のテノール、卓越したボーカリストです。これを聴くためだけでもお参りする価値があると感じます。
IMG_5505



秋彼岸
歌詞入りの音楽でよく聴いたのはZARDでした。これもYouTubeで出会いました。坂井泉水の声は岩崎宏美とは性質が違いますが、大変魅力のある声です。初期の岩崎宏美の声は、その伸びと張りで、突き抜ける爽快感に満ちています。坂井泉水の声はもっと柔らかで、ほのかに哀愁があります。

ZARDとしてのデビュー時、坂井泉水はすでに22歳でしたから完全に大人の声になっています。彼女が16〜18歳ごろならどんな声で歌ったのだろうかと想像し、坂井泉水の「時分の花」を聴いてみたかった気がします。

また、彼女が早くに亡くなったのはとても残念です。もし存命ならオリジナル曲だけでなく、カバー曲でも楽しませてくれたでしょう。『異邦人』のカバーは見事でしたから。
DSCN4909



このページのトップヘ