優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:紅梅

紅梅
増位山梅林の紅梅と白梅の割合は6:4くらいで紅梅の方が多いように思います。紅梅は早生から晩生までさまざまあり、一重のもの、八重のもの、色彩も真っ赤なものから薄っすらと赤みを帯びている程度のものまでいろいろです。それほど大きな場所ではないですが、山の斜面を使い三つの場所に梅が植えられています。IMG_1587
IMG_1588

紅梅
2月23日の熊本は快晴で風も無く暖かでした。梅は満開で、やはり南国です。春さきは南へ、秋は北国へ行くのが季節を存分に感じられていいように思います。休日の園内で催し物がいくつかあるらしく、和装の人たちに何人も出会いました。羽織袴姿の少年もいて、いいものだなあと思いました。
IMG_1276
IMG_1275


梅の蕾
増位山梅林の梅のうち、最も早く咲いていたものはもう散り始めています。いまは中くらいの時期のものが開き始めており、もっと遅く、桜が開花するころまで咲いている品種はまだ蕾です。IMG_1377
IMG_1387
花びらが雨を宿し、蕾のひとつひとつが水滴をたたえていました。晴れの日はもちろんいいですが、雨あがりの風情も素晴らしく、異なる情趣があります。IMG_1382
IMG_1380



増位山のドライブウエイ沿いでも梅が咲きそろい、連日カメラを抱えた人を見ます。昨日はご夫婦らしいふたり連れが並んでガードレールごしに満開の梅のベストショットを狙っておられました。梅林でも木の下に三脚を立てている方に出会いました。今日あたりは観梅のグループもあるかもしれません。IMG_1207
IMG_1215
IMG_1208

梅の園
増位山梅林、紅梅が先に開いていましたが、白梅もかなり開き、今は紅白揃って咲いています。紅梅が華やかではありますが、白梅の気品のあるたたずまいも素敵です。

周りが高い木で囲まれているため、梅林に入ると梅の香りが満ちています。ほとんど人影はなく、ひっそりとした中に咲きそろっていく梅を楽しむのもこの時期ならではです。IMG_1166
IMG_1174
IMG_1168


梅が枝
風があり寒い日です。日差しがあまりないので、一層寒く感じられます。それでも梅林の梅は日ごと開く数を増やしています。梅が咲いている間は梅林に立ち寄ります。周りが高木や竹林で囲われているため、梅の木は日が当たるところを求め、そこに向かって枝を伸ばしているのがわかります。IMG_1058
IMG_1061


冴返る
昨夕は、テニスをしました。帰ってきてネットを見ていたら、競泳の池江璃花子選手が、自身のTwitterで白血病であることを公表したとの速報。現在最も注目を集めている選手のひとりであり、東京五輪の金メダル候補です。

まずは治療に専念され、寛解導入を目指すのが一番です。優秀なアスリートですから、過酷な治療も必ず乗り切っていかれるでしょう。

今のトップアスリートはSNSなどで直接大衆とつながっています。それだけに、その人の人間性や考え方、生き方そのものが見えやすく、取り繕うことが難しくなっています。

Twitterで公表された池江選手の文章を読んで、立派だなあと思いました。18歳で、目の前に夢だったオリンピックがある。それなのに、深刻な病が発覚し、生命の危機にさらされることになりました。そこであの文章、凄いといわざるをえません。IMG_0965



紅梅
増位山梅林は日ごと開いている梅が増えています。白梅もかなり開いてきました。今日も気温は低く、観梅という雰囲気ではありません。ただ、この静けさも梅らしいと思います。IMG_1042
IMG_1043
IMG_1041


紅梅
増位山でいま咲いている梅のほとんどは紅梅です。ドライブウェイ沿いの梅は南斜面になるため、日の光を存分に浴び、のびのびと育っています。随願寺境内の梅林は周りを高い木に囲まれているため、日差しが限られ、樹高が低く、花も控えめです。それでもいろいろな種類の梅があり、長く花を楽しめます。IMG_0994
IMG_1008
IMG_1003


梅が香
立春が過ぎ、梅の開花が進み、梅林は梅の香りで満たされるようになってきています。桜が咲く頃はすでに晩春で春爛漫という雰囲気です。梅も桜もバラ科に属します。梅が咲く早春のころはまだ空気が冷たく、寒気が残る中に開いていく梅の美しさ、それを愛でる気持ちというのは、桜とはまたひと味違います。IMG_0888
IMG_0895
IMG_0892



このページのトップヘ