陽光桜
増位山ドライブウェイの入口から少し入ったあたりのお宅の庭に通常の桜よりもかなり濃い色のヨウコウという桜が植えられています。アマギヨシノとカンヒザクラの交雑種です。ソメイヨシノより早く咲き大輪で濃い一重の花が特徴です。

これを作出した高岡正明は第二次世界大戦中に愛媛県で教員をしていました。戦死した教え子の冥福を祈って各地に桜を贈ることを思い立ちます。暑さ寒さ双方に強い桜を生み出すべく25年に及ぶ試行錯誤の結果生まれたのがヨウコウでした。
DSCN1299
DSCN1298