優嵐歳時記

俳句と季語。日本の自然と四季が生み出した美しい言葉を。

タグ:静御前

カラー
吉野にも頼朝の追手が迫り、義経は山伏に姿を変えて大峰山を越えて行くことにしました。女人禁制の地であるため、静を連れて行くことはできず、吉水院が義経と静御前の別れの場所となりました。

その後、頼朝の追手に捕らえられた静御前は鎌倉に送られます。頼朝の命により鶴岡八幡宮で静は白拍子の舞を披露し、その際「吉野山峰の白雪ふみわけて 入りにし人の跡ぞ恋しき」と義経を慕う歌を謡いました。激怒した頼朝を妻の北条政子は「私が御前であったなら同じようにしたでしょう」といって取りなし、命を助けました。
IMG_5286


梅雨
元歴2年(1185)、源義経は壇ノ浦で平氏を破り平家は滅亡します。京へ凱旋した義経でしたが、その直後に兄の源頼朝と対立。頼朝の要請を受けた後白河法皇が義経追討の宣旨を発します。

義経は再起をかけて船団を組み瀬戸内海を九州へ向かったものの、暴風雨にあい難破して主従は散り散りとなります。義経は郎党や愛妾の白拍子・静御前を連れて吉野へ逃れ、ここ吉水院にしばらく潜んでいました。
IMG_5285



このページのトップヘ